赤倉温泉について

温泉は言わずと知れた赤倉温泉。今からおよそ200年前の江戸-文化13年-に開湯されてから、こんこんと湧きいでる源泉は、遠く日本百名山『妙高山』より引湯しています。 源泉温度、源泉からの距離、適度な勾配により、各施設の浴槽に満たされるともっとも気持ちのよいと言われる42℃前後になるのです。 「肌美人の湯」「天然化粧水」「自然が恵んでくれた絶妙な湯加減」「霊泉」など、様々な言葉でその効能が評価されています。

泉質
泉質 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム -硫酸塩・炭酸水素塩泉-
一般適応症 温泉としての一般的な効能
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・病後回復期・打ち身・捻挫・慢性消火器病 痔疾・冷え性・関節のこわばり・運動麻痺・疲労回復・健康増進
泉質別適応症 硫酸塩・炭酸水素塩温泉としての本温泉独特の効能 切り傷・やけど・慢性皮膚病・美肌効果・動脈硬化症

肌触りは?

触りがまた面白く、最初つるつるとして、すぐに きしきしときて、上がるとべたべたとなり、乾くとすべすべして、最後に粉をはたいたようにさらさらとなる。 肌触り五変化温泉だ。お湯の色は青緑がかった磨りガラスのよう。 赤茶色の湯花が沢山舞っています。

赤倉温泉を更に楽しむ

+αの楽しみ方~温泉ソムリエならではのサービス~

赤倉荘では、旦那と女将が『温泉ソムリエ』の有資格者で、館内でもその知識に基づいた温泉効果を更に実感して頂くサービスをご提供しています。

其の1 温泉ソムリエについて

赤倉温泉には、「温泉ソムリエ」を認定する制度があります。フランス料理のソムリエがワインの知識を持つように、温泉ソムリエは温泉の基礎知識と正しい入浴法を身につけ、お客様のご質問にお答えいたします。わかりやすく言うと、温泉ソムリエとは、「温泉入浴アドバイザー」ということになります。 そして、ソムリエはワインを通してお客様にサービスをするように、私達温泉ソムリエもサービスの模範者でありたいと思っています。

其の2 半身浴用に御利用頂けるちょっとした浴槽の段差

「頭寒足熱」という言葉があるように、上半身は涼しく、下半身は温かくという健康増進法があります。浴槽の段差に腰を掛け、下半身だけが温泉に浸かる状態にすると、下半身から温泉成分が身体に浸透し、上半身の発汗促進などの効果があります。心臓への負担も少なく、効果の高いおすすめの入浴方法です。

其の3 梅干しと健康茶

入浴中に失われる水分と塩分を補給する為に、お風呂の前には『梅干し』と、こだわりの『健康茶』が。『健康茶』は先代の女将さんが【ゲンノショウコウ・シソ・ドクダミ・玉ねぎの皮など】をブレンドして、夏は冷たく、冬は暖かくお出ししています。

シンシンと雪の降る冬には、湯上がりにも温まる火鉢を。

シンシンと雪が降り積り、冷え込む冬。 温泉でせっかく温まった身体を冷やさないように、火鉢をご用意しています。 ぱちぱちと音を立てながら燃える炭。どこか懐かしく、心癒える時間。 身体も心もほっこりと温まります。